コスパ最高のリサイクルトナー

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

オフィス最近では様々な分野で正規品と代替品というものがあります。車のパーツやPC、タブレットの付属品やパーツなどでもそうしたものがありますが、正規品というものは価格が高いことが多いです。それでもそのメーカーが元々出しているのだからと、安全性も考えて高いお金を出して正規品を購入する人も多いです。しかし代替品や同等品と呼ばれるパーツの中にも質の高いものはあり、そうしたものを上手に利用してコストを抑えている方も多くいます。正規品が高価でなかなかコスト的に悩ましいものの一つにプリンターなどのトナーカートリッジがあります。せっかく良いプリンターを持っていても、替えのトナーが購入できなかったら使い続けることはできず、宝の持ち腐れになりかねません。実際トナーがなくなってしまって、交換せずにそのまま放置してしまっているプリンターをお持ちの方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。会社などであればこうしたトナーにかかるコストは会社のランニングコストを下げる面でも重要なポイントとなってくるはずなので、プリンターに使用するリサイクルトナーについて知っておくのは助けになるでしょう。

リサイクルトナーと正規品、その他のカートリッジの違いとは?

まずそもそも世の中に出回っているトナーカートリッジにはどのような種類があるのでしょうか。まずは元々そのメーカーで取り付けている、また販売している純正のトナーカートリッジがあります。そしてその使用済みの純正カートリッジを回収して工場で再びトナーを詰めたものがリサイクルトナーとなります。さらに世の中には汎用トナーとか互換トナーと呼ばれるカートリッジがあり、これらもかなり安くてコスト面でメリットがあるように思えます。
汎用トナーというものはメーカーがOEMなどで供給した汎用性のあるカートリッジで、製造元は同一のため品質は良く、ただカートリッジにブランド名が記載されていないだけと考えることができます。

一方互換トナーと呼ばれるものはまったく製造の過程が違い、純正のトナーを模倣して他の業者が作った模造品のことを言います。実際問題こうした精密機械に関係するものは、精度が低いと大きな故障の原因になり得るものなので、なるべく評判の良い安全性の高いものを使いたいものです。特にプリンターに関しては粗悪品のトナーなどを使用して粉がプリンター内で散乱してしまったりすると、プリンターが使えないほど損傷してしまう可能性もあるので注意が必要です。ネット上の口コミなどを見るとリサイクルトナーにしても互換トナーにしても様々な意見があると思いますが、基本的に互換トナーなどよりもリサイクルトナーを使用した方が安全と考えている方が多いようです

わざわざリサイクルトナーを利用するほどのメリットがある?

トナーリサイクルトナーを利用するメリットとしてはやはりその安さというものがありますが、正規品と比べた場合の価格差たるや目を見張るものがあります。定期的にトナーを交換しなければいけないほどプリンターを頻繁に使用する方であれば、一般家庭だとしてもプリンターに関係するランニングコストの軽減にかなり貢献してくれるほどの価格差です。カートリッジの種類によっては正規品の定価よりも90%も安いというものもありますので、万単位での価格面のメリットがあることになります。

そこまで安いと不良品が多いのではないかと心配される方もいるかもしれませんが、トナー業界での不良率は非常に低いので、多くの方がリサイクルトナーを利用しています。もちろん価格面でのメリットだけでなく、エコ目的でリサイクルトナーを支持している方も多いでしょう。プリンターの使用頻度が高い人ほどリサイクルトナーを利用する価値があると思いますので、まずは自分の使用している型番のプリンターのリサイクルトナーがいくらで手に入るのか調べてみましょう。定価との価格差に驚く可能性が高いです。

リサイクルトナーでエコに協力

個人でプリンターを使っている人の場合、なかなかリサイクルトナーを利用してエコに協力しているという実感が出ないかもしれませんが、企業などで年間多くのトナーカートリッジを使用する場合は、このトナーをリサイクル品にすることによってかなりの程度環境問題への取り組みに反映していくことができるのではないでしょうか。産業廃棄物は環境面で影響が大きいので、リサイクルトナーを使用することによって企業として出すゴミを減らすことや、資源の有効活用に協力することによってエコを促進できるでしょう。地球環境に配慮するならば他のリサイクル品と同じくトナーカートリッジもリサイクルトナーに変更するのがオススメです。

リサイクルトナーは確かに純正トナーと比べると不良率が少し高いという面がありますが、それでも1~3%ほどなので、たくさん利用すればするほどこうした不良率もそこまで問題になることなく、コスト的なメリットとエコ面でのメリットのほうが遥かに高くなるはずです。もちろんリサイクルトナーの販売店も数多くありますので、安ければどこでも良いという選び方ではなく、慎重に購入先を検討することが重要です。どちらにせよ純正品よりもかなり安く済むわけですから、なるべく補償体制が万全であることや、一般の口コミや販売実績が良いところを選んだほうが後々トラブルが少なくて良いでしょう。

不具合純正品よりもリサイクルトナーの不良率が高いのは事実ですが、純正品の場合でも不良率は1~2%あると言われています。ですから不良率としては純正品とリサイクルトナーの間にそこまで大きな差があるわけではありません。一方価格差はかなりありますから、不良率のことを考慮に入れても、リサイクルトナーを使用するメリットのほうが遥かに高いということになるのではないでしょうか。特に個人として家でプリンターを使用している方は、自分で数万円の交換カートリッジを購入するのはなかなか大変でしょうから、価格的にメリットが大きいリサイクルトナーの購入を検討してみてください。保証がついて送料無料のリサイクルトナー販売店がきっと見つかるはずです。

 

→→→インクの歴史