現在のインク

現在のインクは高齢の方や、お堅い仕事をしている方であれば万年筆と答えるかもしれませんが、しかし大半の方はボールペンと考えるといいかもしれないです。さらに、書いて伝えるという視点に立つと今でも使われていますが使用する機会は減りつつある鉛筆といえます。その代替品がシャープペンシルになります。

万年筆は、昭和の40年くらいまではインクの瓶や壺があるのが普通でしたが、今では見ることはなくなりました。万年筆には、中にインクが備えられているインクカートリッジ型のタイプが一般的になっております。さらに、大衆に馴染みが現在あるのはボールペンであり、筆のように書ける筆ペンというものもあります。そして、鉛筆という類では、鉛筆よりはシャープペンシルという見方もあります。

さらに、現代ではワープロやパソコンという機械の出現により活字を覚える文化も衰退している面も見られます。そして、子どもの教育にも漢字の意味が分からない現象があります。しかし、インターネットや動画の情報という多くの情報により我々は、情報処理能力が必要であったり、あるいは情報が氾濫しすぎて混乱している現代にもあるのです。そこで、生きていく我々の心を整理してくれるのがインクで書かれた書物であるのです。だから、インクというものは、かけがえのない物でもあるのです。