インクの歴史

インクは文字を書くときに使用したり、絵画やポスターのような色を塗る場合に使います。しかし、今ではパソコンでのプリンターでのインクも一般的になりました。以前であれば業者に依頼しなければならないことが、家庭で手軽に出来る時代にもなっています。今回はインクの歴史について説明していきます。古くはインクの歴史は中国に始まります。時は5000年前、墨がつくられ石や壁に書かれていたことにより当時の生活の様子が想像出来るようになりました。固体の墨を硯で水とともに磨いて墨が出来ていきます。それ以外にも、古代インドで古文書が発見されております。古代ローマででも、インクについて書かれており、エジプトでは万年筆の原型が950年頃に出来ました。

それから、時を経て15世紀にドイツのグーテンベルグが活版印刷を実際に使えるように改良しました。さらに、インクを付けて書くという作業は以前は見られましたが、今日では見られなくなりました。そこで、インクの瓶を買うことも現在では無いといってもいいはずです。そこで、今では万年筆はインクカートリッジ型が主流です。また、万年筆よりもボールペンを使用している割合は当然ですが高いです。このように、インクといいましても様々な変化を見せております。

さらに、始めに紹介したように印刷技術でもインクは使用されています。印刷会社が主流だった印刷機もパソコンの普及により一般家庭でも使用されております。現在では、インクジェット型そしてレーザー型が使われております。