パソコンでのインク

さて、パソコンでのインクとしてここをまとめてみます。今では、インクジェットやレーザーのインクが主流で、家庭でも印刷会社並みとはいえなくても、様々な工夫した印刷物を作成することが出来ます。しかし、限界が当然あります。印刷専門の業者の印刷機は、値段や大きさも異なるのです。それを考えると、時代は変わっても、やはり餅屋は餅屋で、パソコンで印刷業者と同じ製品が作れるという訳ではないのです。

しかし、インクジェットやレーザーのインクも、リサイクルインクという一度使用したインクを再利用して販売することにより、地球環境にも優しいインクの実現にも努めているのです。正規品の使用を薦める考えもありますが、程ほどの質でもよいならば、これで可能ともいえるのです。

参考リンク⇒リサイクルトナーカートリッジなら – 低価格と高品質を保証するトナプロ –

このように、以前では印刷会社でしか出来なかった印刷も一般家庭、そして一般の会社で行われるようになり、益々印刷会社のセンスも問われる時代になっております。文字の書体をどうするか、紙の質をどうするかという細かな視点で値段を上げたり、下げたりも出来るのです。インクの昔から、現在のボールペンやシャープペンシルが使われている現代、そして、一般家庭でプリンターが使われるインクの歴史を考えるきっかけにして欲しいものです。