パソコンでのインク

さて、パソコンでのインクとしてここをまとめてみます。今では、インクジェットやレーザーのインクが主流で、家庭でも印刷会社並みとはいえなくても、様々な工夫した印刷物を作成することが出来ます。しかし、限界が当然あります。印刷専門の業者の印刷機は、値段や大きさも異なるのです。それを考えると、時代は変わっても、やはり餅屋は餅屋で、パソコンで印刷業者と同じ製品が作れるという訳ではないのです。

しかし、インクジェットやレーザーのインクも、リサイクルインクという一度使用したインクを再利用して販売することにより、地球環境にも優しいインクの実現にも努めているのです。正規品の使用を薦める考えもありますが、程ほどの質でもよいならば、これで可能ともいえるのです。

参考リンク⇒リサイクルトナーカートリッジなら – 低価格と高品質を保証するトナプロ –

このように、以前では印刷会社でしか出来なかった印刷も一般家庭、そして一般の会社で行われるようになり、益々印刷会社のセンスも問われる時代になっております。文字の書体をどうするか、紙の質をどうするかという細かな視点で値段を上げたり、下げたりも出来るのです。インクの昔から、現在のボールペンやシャープペンシルが使われている現代、そして、一般家庭でプリンターが使われるインクの歴史を考えるきっかけにして欲しいものです。

現在のインク

現在のインクは高齢の方や、お堅い仕事をしている方であれば万年筆と答えるかもしれませんが、しかし大半の方はボールペンと考えるといいかもしれないです。さらに、書いて伝えるという視点に立つと今でも使われていますが使用する機会は減りつつある鉛筆といえます。その代替品がシャープペンシルになります。

万年筆は、昭和の40年くらいまではインクの瓶や壺があるのが普通でしたが、今では見ることはなくなりました。万年筆には、中にインクが備えられているインクカートリッジ型のタイプが一般的になっております。さらに、大衆に馴染みが現在あるのはボールペンであり、筆のように書ける筆ペンというものもあります。そして、鉛筆という類では、鉛筆よりはシャープペンシルという見方もあります。

さらに、現代ではワープロやパソコンという機械の出現により活字を覚える文化も衰退している面も見られます。そして、子どもの教育にも漢字の意味が分からない現象があります。しかし、インターネットや動画の情報という多くの情報により我々は、情報処理能力が必要であったり、あるいは情報が氾濫しすぎて混乱している現代にもあるのです。そこで、生きていく我々の心を整理してくれるのがインクで書かれた書物であるのです。だから、インクというものは、かけがえのない物でもあるのです。

古くからのインク

インクは古くから私たち祖先の歴史を伝えてきました。歴史を表わす古文書もインクが使われております。このように、歴史を知る上で我々は、インクを通して歴史を捉えているのです。さて、その歴史の最初にあげられるものが5000年前の中国での墨になります。油煙・松煙と膠を混ぜた墨を、硯で水と合わせ磨くことで程よい墨が出来上がり、インクが出来るのです。この墨は、他にも植物や鉱物からもつくられました。さらに、万年筆の原型ともいわれるものがエジプトで出来上がります。これで、書く時に汚れていた手が汚れないという時代にもなるのです。

さらに、時代は進み1500年代にはドイツのグーテンベルグが活版印刷を実際に使えるようにして印刷技術が高まります。これは、アルファベットが26文字で少なかったことで、活字を組み合わせてつくった版で印刷した活版印刷が主流となるのです。もちろん、産業革命にも影響を与えることになるのです。

このように、インクの古くからの歴史として簡単に紹介してきましたが、もちろんこれ以外にも多くの歴史があり、努力を重ねてきた人が多くいることを考えていただけたらと思います。そして、このように歴史を伝えてきたものが、インクであり、そのインクが今では電子データにもなっているのです。

インクの歴史

インクは文字を書くときに使用したり、絵画やポスターのような色を塗る場合に使います。しかし、今ではパソコンでのプリンターでのインクも一般的になりました。以前であれば業者に依頼しなければならないことが、家庭で手軽に出来る時代にもなっています。今回はインクの歴史について説明していきます。古くはインクの歴史は中国に始まります。時は5000年前、墨がつくられ石や壁に書かれていたことにより当時の生活の様子が想像出来るようになりました。固体の墨を硯で水とともに磨いて墨が出来ていきます。それ以外にも、古代インドで古文書が発見されております。古代ローマででも、インクについて書かれており、エジプトでは万年筆の原型が950年頃に出来ました。

それから、時を経て15世紀にドイツのグーテンベルグが活版印刷を実際に使えるように改良しました。さらに、インクを付けて書くという作業は以前は見られましたが、今日では見られなくなりました。そこで、インクの瓶を買うことも現在では無いといってもいいはずです。そこで、今では万年筆はインクカートリッジ型が主流です。また、万年筆よりもボールペンを使用している割合は当然ですが高いです。このように、インクといいましても様々な変化を見せております。

さらに、始めに紹介したように印刷技術でもインクは使用されています。印刷会社が主流だった印刷機もパソコンの普及により一般家庭でも使用されております。現在では、インクジェット型そしてレーザー型が使われております。